戻る

鶴田欣也 編


日本文学における〈他者〉


四六判510頁

定価:本体4300円+税

発売日 94.11.18

ISBN 4-7885-0505-3

記紀から現代文学まで,リアリズム小説から幻想文学,SFまで,日本文学の中に現われた女,子供,外国人,異人などの〈他者〉のディスコースを丹念にたどりつつ,「日本人には他者がいない」という定説を検証し,新たな日本人像を提示する。
◆書評
「週刊ダイヤモンド」95.2.18 熊本功生氏評
産経新聞 95.7.23 特集「横光利一 再評価の意味」荒川洋治氏評
「週刊読書人」98.2.10 書評拓植光彦氏評
Loading

designed & constructed by bizknowledge