戻る

J.K.シュテットバッハー 著 山下公子 訳


こころの傷は必ず癒える

抑圧された子ども時代に向きあう療法


四六判192頁

定価:本体2200円+税

発売日 93.6.10

ISBN 4-7885-0446-4

スイスの心理療法家シュテットバッハーが自ら編み出した「初源療法」プログラムのすべてを説く。抑圧された子ども時代の真実を語り/書くことで必ず傷は癒える。「一人でもできる」セルフヘルプ療法として助けを求める人へ励ましを贈る。
◆書評
「プレジデント」 95.5 伊藤雄一郎氏評 特集 心の疲れを癒す「現代の必需品」
「精神療法」94.2.5 加藤由起子氏評
Loading

◆目 次◆

序論
  「精神が病んでいる」とは?/記憶/病気はうつる/初源には健康‐傷つく‐苦しむ
療法
療法家/療法の前提/療法作業/子どもの代弁者/四段階/執筆療法/集団療法/ある患者の手紙/療法家の手紙
生まれたように
助けを求めている人たちのための情報

訳者あとがき


designed & constructed by bizknowledge