戻る

原ひろ子・館かおる 編


母性から次世代育成力へ

産み育てる社会のために


四六判368頁

定価:本体2800円+税

発売日 91.9.30

ISBN 4-7885-0399-9

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

女性解放の思想と運動,避妊と中絶の歴史,育児の男女共同責任など,母性とは何かを日独の歴史と社会の中に問う。男女が共に担う次世代育成力という人類普遍の課題を提示し,少子化社会の危機と産む・産まない選択の論争に新風を送りこむ。
◆書評
「月刊 らくだ」92.7.15
「季刊 女子教育もんだい」92.春 大越愛子氏評
「現代性教育研究」92.4月 宮原 忍氏評
「全国婦人新聞」92.4.10
「あごら」92.2月 間瀬中子氏評
聖教新聞 92.1.30
「週刊読書人」91.12.16 吉澤夏子氏評「良妻賢母という規範」
京都新聞 91.11.24 木下明美氏評
中日新聞、東京新聞 91.11.7 青木やよい氏評
京都新聞 91.11.7
「婦人展望」91.11.12
Loading

designed & constructed by bizknowledge