戻る
(C)新曜社

広瀬弘忠 著


静かな時限爆弾
――アスベスト災害


四六判224頁

定価:本体1800円+税

発売日 85.

ISBN 4-7885-0222-4

◆amazon.co.jpへ
cover

◆紀伊國屋書店Books Web へ

◆7ネットショッピングへ

◆アスベストとは?◆
アスベスト災害は、環境の安全を脅かす大きな社会問題として、アメリカでは、連日のように新聞 ・テレビに取り上げられている災害です(85年当時)。ところが、日本では、つい最近、日本酒の 醸造行程で使用するろ化フィルターにいまだアスベスト(石綿)が使われていたとして問題になった ものの(85年8月11日朝日新聞)、強烈な発ガン性をもつ有害物質であるという意識が希薄のまま、 アスベストは、三千種以上の製品と化して私たちの日常生活のあらゆる場面に入り込んでいます。
アスベストとは? そして、アスベストがもたらす恐怖とは? 気鋭の災害学者が。我が国で初めて アスベスト災害の実態を明らかにした、警告と告発の書。

◆本文紹介◆
アスベストは環境中で、半値永久的に劣化することなく存在しつづける。じつは、この性質がアスベストの人体に対する毒性を高めるうえで重要な役割を果たしている。最初の曝露より20年から40年のタイム・ラグを置いて、肺ガンや悪性中皮腫を発病させる。このように長い潜時をもつことから、体内のアスベストは時限爆弾になぞらえることがある。アスベストの悲劇は、これが不死であることがあることにある。一度体内にとり込まれたアスベスト繊維は排出されにくく、不断に細胞に対する悪影響を及ぼしつづけることによってガンを発生させる。(「1章 体内時限爆弾」より)

◆書評
2005年7月12日、朝日新聞

Loading

◆目 次◆

はじめに
1章 プロローグ--展望
一 無知なるが故に/二 アスベストは魔法の物質か/三 体内時限爆弾/四 アスベストの歴史/五 アスベスト災害/六 アスベストの生産と消費/七 環境中のアスベスト/八 一般人のアスベスト曝露/九 アスベストの環境行政/十 アスベストへの各国の対応/十一 われわれは安全なのか
2章 現代の犠牲者たち
一 アメリカの犠牲者/二 日本の犠牲者/三 イギリスの犠牲者/四 オーストリアの犠牲者
3章 アスベストとは--奇跡の物質か悪魔の物質か
一 鉱物としてのアスベスト/二 アスベストの利用/三 アスベストの毒性
4章 キラー・ダストの中で--労働者の健康障害
一 アスベスト災害の歴史/二 アスベストの労働災害の実態/三 ケース・スタディ/四 労働者はどのようにして汚染されるか/五 アスベスト問題と第三世界
5章 日常生活の汚染
一 アスベストの低濃度曝露/二 日常生活を脅かすアスベスト/三 身近かなアスベストにどう対処するか/四 アスベスト環境汚染の意味
あとがき
引用文献/索引