--------------------------------------------------------------------

小熊英二『1968』『1968』関連のブログ記事、左記クリックください

1968 上巻

1968 下巻


小熊英二新刊1968

著者のことば

『1968』上 序

資本主義への反感



著者のことば
「あの時代」から現代の原点をさぐる――著者のことば

 

本書は、「1968年」に象徴される「あの時代」、全共闘運動から連合赤軍にいたる若者たちの叛乱を全体的にあつかった、初の研究書である。

 これまで、「あの時代」を語った回想記などは大量に存在したが、あの叛乱が何であったのか、なぜ起こったのか、何をその後に遺したのかを、解明した研究はなかった。その一因は、あの叛乱が当事者たちの真摯さとはアンバランスなほどに、政治運動としては未熟だったためだと思われる。そのためあの叛乱は、当事者の回想記などではやや感傷的に語られる一方、非当事者からは一過性の風俗現象のように描かれがちだった。

 そこで著者はあの叛乱を、政治運動ではなく、一種の表現行為だったとする視点から分析を試みた。すると、さまざまなことが明らかになってきた。

《続きを読む》


1968〈上〉序章より一部抜粋


 「感動しました。とてもすばらしいです。でも私には何もないの。それでは闘ってはいけないのでしょうか?」

 この言葉は一九六六年ごろ、一人の女子学生が発したものである。ブント(当時の左翼政治組織であるセクトの一つ)の活動家の三上治が、新宿の喫茶店で女子学生二人に、六〇年安保闘争に参加したことなどを「いい気になって話していた」ときのことだった。

 本書は全共闘運動をはじめとした「あの時代」の若者たちの叛乱、日本の「一九六八年」を検証する。その目的は、過去の英雄譚や活劇物語として「一九六八年」を回顧することではなく、あの現象が何であったかを社会科学的に検証し、現代において汲みとれる教訓を引きだそうとすることである。そして本書の最後には、冒頭の言葉に、もう一度立ちもどることになろう。

   「あの時代」をとりあげることについて

 いまこの時代にあって、「あの時代」の若者たちの叛乱を検証する意味は、どこにあるのだろうか? 地球環境問題や、格差や若年雇用、高齢化などの問題をさしおいて、「あの時代」の叛乱を検証する必然性があるのだろうか?

 本書で記述するように、彼らの叛乱は政治運動としては、およそ未熟なものだった。いわゆる「全共闘世代」の人びとに、若い時代を懐かしんでもらうのが目的なら、社会科学的な検証など必要ない。また本書は、彼らの叛乱の未熟さや稚拙さにも言及するから、おそらく「あの時代」を美しい思い出としたい読者の期待には沿わないだろう。

《続きを読む》


著者紹介
小熊英二(おぐま えいじ)
1962年東京生まれ。1987年東京大学農学部卒業。1998年東京大学教養学部総合文化研究科国際社会科学専攻大学院博士課程修了。現在、慶應義塾大学総合政策学部教員。


資本主義への反感

小熊英二

1968年、世界は燃えていた」などということが言われることがある。本当だろうか?韓国から日本にきた客員教授で、「68年世代」にあたる女性は、こう言っていた。「1968年? 何もなかったわ。学生運動なら、1960年の李承晩政権打倒や、1988年の民主化運動のほうがずっと重大だった」。インドで会った「68年世代」のNGOリーダーは言った。「1968年? ベンガルで農民蜂起があったな。デリーは何もなかったよ」。(Goethe-Institut 1968/2008 より引用)

《続きを読む》Goethe-Institut 1968/2008 ページへ


◆1968つながりのニュース◆


以前とりあげました加藤登紀子さんの「1968」の記者会見が、先日9月28日渋谷のタワーレコードでひらかれました。その模様 TOKIKO WORLD 09/09/29

さらにTOKIKO WORLDに http://tokiko.com/1968を開設、1968関連の情報をどんどん発信していくとのことです。すごいです。弊社『1968』でもやろうと思いましたが、いまだ果たしていないものですから。

加藤登紀子1968画像 さてこのCD「1968」、こちらはナインティーン・シックスティエイトと読むのでしょうか?、マキシシングルで、
1.1968
2.美しい昔
3.ひとり寝の子守唄
4.HERO
の4曲が入っています。税込1300円。
くわしくはこちら試聴もできます。発売は10月7日!たのしみにしております。



◆ ◆ ◆     ◆ ◆    ◆    ◆ ◆    ◆ ◆ ◆