営業部員のノートから

営業という仕事をしていて思うこと、感じたことを思いつくままに綴っていきます。
不定期更新予定です。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 


新曜社通信(営業)フレームで読みにくい方は左記リンクをクリックしてください。

ホームページほか2

ホームページとブログの連携、これは効果的・効率的なCMSを構築するうえで、今、もっとも重要な課題といえるでしょう・・・・・とえらそうに書き出してみました。が、単純に、ブログなりtwitterは動的であるのに比べ、本家本元の「ホーム」はあまりに静か過ぎるのではないか、日々何とかにぎやかにしたい! ということをブログを始めた数年前から考え続けてきました。

まあ専門の会社に頼めば、5秒でできるのでしょうが、何ごとも手作りがという状況ですので、The Searchさんとか、iframeなどでいろいろ試行錯誤していました。
とくに後者では、読み込みに時間がかかり(現代人は1秒も待てない)しかも見た目とかあまり美しくないという問題があるにもかかわらず、お茶を濁すこと3年弱、歴史に残る暑さを記録した今年の夏、思い立って大黒屋本舗さんの jsRSS++ に再度挑戦。ようやく完成しましたぜ!

コピペプログラマとして成功の秘訣は、問題はお前にあるのだ! と自分に言い聞かせて、地道に、昼夜問わず試すことでしょうか(笑 たいがいサーバーのせいとか、プログラムに問題があると思いがちですが、一歩一歩ああでもないこうでもないとやることでしょうかね。あるいは検索しまくってヒントになるようなページとアイディアはすべて試す、これにつきます。答えになってませんね。
テキストの形式をつねに意識すること。cgiはeucで、表示するサイトは、テンプレートは、という具合に。これで障害の半分はクリアできるのではないでしょうか。

中山(10.09.13)


クロ現の衝撃

新刊案内84号のあとがきで、NHK「クローズアップ現代」の「ランキング依存が止まらない〜出版不況の裏側」という番組について書いたのですが、7月10日号の「新文化」で、なんと一面でこの番組をクローズアップ(笑)していました。こんなに話題になるなんて、すごい番組。録画、消去しなければよかったなあ。

さて厳密にはこの番組の製作者の方をお呼びした勉強会の記事なのですが、見出しに「端末でピッに衝撃」とあります。
うーむ、端末のお世話にもならず、店頭に並ばずに即返される書籍のことを思えば、
店頭に並んだだけいいんじゃないの、
と思います。
たった今、配本してから一週間も経たずに30冊も戻ってきた新刊に衝撃を受けつつ。

中山(08.07.11)


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ご意見・ご感想はこちらに・・・。l 

E-mail info@shin-yo-sha.co.jp