◆心理学ワールド◆


【最新号のご紹介】

72号 [特集]われわれは何をなすべきか 東日本大震災と心理学の5年間を振り返る

震災発生から5年が経とうとしている。その間、心理学は何ができたのか、何ができなかったのか。そしてこれから何をなすべきか。本特集ではこれらの総括とあわせて、「心のケア」「風評被害」「コミュニティの分断」の問題に注目し、基礎研究や実践研究、さらに今回の震災に実際に直面した当事者からの視点を加え、11本の記事を収載している。

心理学ワールド72号 画像

■特集記事の執筆者とタイトル(掲載順・敬称略)

安藤清志(東洋大学)
「学会が行う災害復興支援」
松井 豊(筑波大学)
「被災者を対象とした調査・研究の留意点」
筒井雄二(福島大学)
「原子力災害が引き起こす心理的影響――福島県が経験した原子力災害の5年間」
久田 満(上智大学)・中村菜々子(兵庫教育大学)
「福島県沿岸部の公立中学校における心理的ケア――養護教諭とのコンサルテーション活動」
平泉武志(仙台市北部発達相談センター)
「震災の経験を今後に生かすために――被災地側から振り返る当時とこれから」
池田功毅(中京大学)・中西大輔(広島修道大学)
「心理学で風評被害は止められるか?――福島県産作物の忌避について」
関谷直也(東京大学)
「震災5年目の風評被害」
西野貴守(青果食品お惣菜スーパーSaiya)・池田功毅(中京大学)
「対談:福島の声を聴く――復興から街づくりへ」
三船恒裕(高知工科大学)
「ソトよりウチをひいきする心の仕組み」
成 元哲(中京大学)
「原発事故後の生活変化とコミュニティ分断の実態」
飛田 操(福島大学)
「パンドラの箱と幽霊」

・B5判・48頁 2016年1月15日刊行



【本誌の特徴】

『心理学ワールド』は,心理学を研究している人に加えて,これから心理学を学びたいと思っている人,心理学の知見を仕事に活かしてみたいと思っている人など,心理学に興味をもつ幅広い読者の方々を対象として,心理学の多彩な研究とその活用,心理学にかかわる興味深い話題を紹介する,日本心理学会発行の季刊誌です。

号ごとに特集テーマを設けて気鋭の研究者による解説記事を掲載するほか,読者に楽しくお読みいただけることをねらいとした,さまざまなコーナーが毎号掲載されています。

51号からは増ページされ,カラーページも加わるなど,ますます充実した記事を掲載してまいります。


【発行形態・発行月】

年4冊発行(1月・4月・7月・10月)(季刊)



【編集委員のご紹介】

編集/発行:公益社団法人 日本心理学会

編集委員長:宮谷真人(広島大学)

副委員長:小田浩一(東京女子大学)

編集委員(五十音順):岩壁 茂(お茶の水女子大学),大神優子(和洋女子大学),柏崎秀子(実践女子大学),小森政嗣(大阪電気通信大学),近藤清美(北海道医療大学),杉若弘子(同志社大学),時津裕子(徳山大学),林 創(神戸大学),樋口匡貴(上智大学),脇田真清(京都大学霊長類研究所)

編集担当常務理事:阿部純一(北海道大学)



【本誌の販売価格】

各号500円(税込)〈別途送料1冊につき140円)



【本誌ご購読お申込みのご案内】

お申込みは,こちらから購読申込書(PDFファイル)をダウンロード,必要事項にご記入のうえ,郵送・FAXまたはEメールで,申込書を小社にお送りください。

→ 購読申込書ダウンロード

■ 申込書のPDFファイルが開かないときはEメールでのお申込も承ります。sales[at]shin-yo-sha.co.jp ※お手数ですが[at]を@に変換してお送りください。

■ 本誌のお申込みは,前金にてお願いいたします。代金は,冊数×640円(定価500円+送料140円)です。
郵便振替(00150-0-466572 口座名 心理学ワールド)をご利用ください。

■ 単号でも,1年間継続でもお申込みできます。継続のご購読をご希望の際は,申込書に開始の号数と,各号の冊数をご記入ください。代金は前金で,1年分の一括払いとなります。上記同様に郵便振替でお振込みください。

■ 学校・官公庁など,機関によるご購読の場合のお支払い方法につきましては,別途対応させていただきますので,ご相談ください。

【認定心理士資格をお持ちの方】

認定心理士取得後,2年間は無料配布いたします。
認定心理士取得後、3年目以降の方で、ご購読希望の方はこちらから購読申込書(PDFファイル)をダウンロード,必要事項にご記入のうえ,郵送・FAXまたはEメールで,申込書を小社にお送りください。(Eメールでのお申込も承ります。sales[at]shin-yo-sha.co.jp ※[at]を@に変換してご連絡ください)

→ 購読申込書ダウンロード(認定心理士専用)



■ 各コーナーのご紹介

「日英両語で読む日本心理学史」
世界中で行われている国際学会で,日本の心理学について英語で紹介するときのコミュニケーションに役立つ,立命館大学文学部教授のサトウタツヤ先生による連載コーナーです。

「私の出前授業」
「大学に進学したら心理学を勉強してみたい」と考えている高校生を主な読者対象に,大学で実際に心理学の講義を担当している先生を誌面にお招きして,得意なテーマでわかりやすく授業を展開いただきます。

「裏から読んでも心理学」
心理学研究のさまざまな話題を通して,その合間にみえる研究の楽しさ,苦労,こころの動きを紹介する,安田女子大学心理学部講師の平石界先生による連載コーナーです。

「この人をたずねて」
心理学研究の第一線でご活躍される先生のもとに新進気鋭の研究者が訪ね,先生のご関心や研究者をめざしたきっかけなどを尋ねて,インタビュー形式でご紹介するコーナーです。

「心理学キャンパスデイズ」
心理学を学ぶことのできる大学を取り上げ,心理学をこれから専攻してみたいという読者に向けて,学部・学科の概要やカリキュラムの特色,学部卒業後の進路,学生生活の魅力等を,大学に所属されます先生にご紹介いただきます。

「Over Seas/Ex-over Seas」
現在ご留学中の先生,あるいはかつてご留学を経験された先生に,ご留学先と日本国内との心理学に関連する彼我の違いや,ご留学先で感じられたこと等を自由にご執筆いただき,海外での研究の雰囲気や実際をお届けします。

「自著を語る」
心理学関連分野の新刊書籍を毎号4冊ずつ取り上げて,その見どころ等について,本を執筆された著者自らにご紹介いただく,ユニークな書評コーナーです。

「ここでも活きてる心理学」
様々な職域でご活躍されます方々に,ご自身の職場や,仕事の中に活きる心理学の知識・視点等をご紹介いただくというコーナーです。

「心理学ライフ」
大学で心理学を教える先生方に,ご趣味や休日の過ごし方,子育てやペットの話題など,研究以外の話題を自由に語っていただくコーナーです。

「読者の声」
『心理学ワールド』では「読者の声」欄といたしまして,誌面への皆様のご意見・ご感想を掲載いたしております。
投稿は,お葉書・Eメールどちらでもけっこうです。世代と性別のみ,あわせてお知らせください。お待ちしております。

【送付先】
●お葉書
〒101-0051 千代田区神田神保町2-10
(株)新曜社第一編集部 「心理学ワールド」係
●Eメール
morimitsu[at]shin-yo-sha.co.jp ※[at]を@に変換してお送りください。



【バックナンバーについて】

2012年2月17日より51号以降のバックナンバーを日本心理学会ホームページ上で公開しております。「心理学ワールド」バックナンバー